キャンペーン情報

ポイ活ニュース

hontoユーザー悲報。ポイントサイト掲載終了が相次ぐ。「エルネ」のみ継続!

ハイブリッド型総合書店「honto」は、電子書籍配信と通販ストア、実店舗(丸善・ジュンク堂・文教堂)が連動しており、紙の本と電子書籍の両方を利用する人に好評な書店・オンラインストアです。

ポイントサイトを経由して商品を購入すると、ポイントサイトの独自ポイントを獲得することができます。しかし、2022年1月末で、クレジットカード会社の会員限定ポイントモール、「モッピー」や「ハピタス」「ポイントタウン」といった人気のポイントサイトでも広告案件の掲載が軒並み終了しました。

還元率2.2%と一番高還元だった「ハピタス」ルートが消滅したので、hontoユーザーにとって、かなり悲しいニュースです。そこで、hontoの案件が残っているポイントサイトを調べてみました。

その結果は、以下の通りです。ポイントサイトに関しては、「エルネ」だけが継続しています。

ポイントサイト名還元率(税抜)
エルネ購入額の1.0%

hontoの運営会社のトゥ・ディファクトは、大日本印刷(DNP)のグループ会社です。「エルネ」を運営しているのもDNPのグループ会社のDNPソーシャルリンクです。同じグループ会社だから継続してるのでしょうか?

ハピタスでは、還元率2.2%でしたが、エルネは、還元率1.0%と還元率が大幅ダウン。ただし、ポイントアップキャンペーン時には、還元率2.5%にアップします。

エルネを経由するメリットとして、貯めたポイントを10ポイント=1.1円の交換レート(通常10ポイント=1円)で、hontoの電子書籍ストアクーポンと交換できる特典があります。

hontoユーザーは、ハピタス経由を選んでいた人が多かったと思います。そのルートが封じられて改悪もいいとこですね。一時的であることを願っていますが、ここ最近、あしあとポイントを廃止するなど改悪が続いているのでどうなることやら。

現時点では、エルネしか経由ルートがないので、hontoユーザーの人は気をつけてください。

おすすめ記事

-ポイ活ニュース